更年期のウラの裏【中高年に人気のプラセンタでホルモン補充】

薬

更年期に訪れる障害

女性特有の疾患

女性

女性は40代後半から50代前半にかけて急激に女性ホルモンが減少します。女性ホルモンが減少することによって更年期障害は引き起こされるのです。目安としては閉経前に訪れる障害とも言われていますから、更年期障害の症状が現れたらそろそろ閉経間近と思っておいた方がよいでしょう。現代では若年性の更年期障害に陥ってしまっている方も多いので、20代から30代の女性も注意が必要です。ストレスや生活習慣の乱れ、そして過度なダイエットが原因ともされていますので気を付けましょう。更年期障害は治らない障害ではありません。ほとんどの場合が一過性のものですから、治療を必要としない場合も多いのが特徴です。症状の度合いが個人差があります。

効果的な治療法

更年期障害だと感じたらどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。まずは自分でコントロールできるようにしましょう。自律神経が乱れてしまいますと、精神的に不安になってしまったり感情の起伏が激しくなります。出来るだけ自分でコントロールするようにしたいのが本音でもありますが、うまくコントロール出来ないときには漢方を服用したり専門医に相談して薬の投与をしてもらいましょう。基本的には民間の薬ではなくて、病院で処方される薬を使用したほうが安心です。薬の種類によっては副作用などが生じてしまうことがありますから、あらかじめどのような副作用があるのかを確認してから使用しましょう。短期間で改善することもあります。